東京都多摩市近郊にある霊園の特徴

多摩エリアは、大都市東京の発展と共に早くから都心周辺の重要なベッドタウンの一つとして名を馳せていたことから、墓地についても、大規模な施設が早い時期から設けられていました。そういった経緯や、都心部では失われてしまった緑豊かな広々とした墓所区画が多く、周囲の景観も良いことからも理想的な永眠の地として注目され、著名な政治家や作家など、歴史的にも有名な人物の墓所が多く見られます。現在でも、そういった歴史ある寺院の敷地内に設けられた雰囲気の良い墓地や、多摩地域ならではの自然豊かな景観と広大な敷地を生かした霊園には、多くの憧憬が集まっています。都心からのアクセスが良好ながらも、静かな郊外に広がる環境の良い地に公営・民営双方の施設が点在、そういった地に墓所を持ちたいと願う人々が、真っ先に思い浮かべるエリアとなっています。

自然の景観を生かした人気の樹木葬

首都圏全域で人気を高めている樹木葬についても、もともと緑豊かな丘陵地の多い多摩エリアの霊園との相性が抜群なことから、ブームを受けて樹木葬区画をさらに新設する施設が増えています。樹木葬などの自然葬と共に注目度の高い永代供養墓として、合祀スタイルでの埋葬もしくは散骨ができる樹木葬区画も目立ってきています。都心部にも樹木を生かした永代供養墓がありますが、郊外ならではの広い敷地と周辺の自然美を生かして芝生や季節の花々を配し、アーティスティックな供養碑などを設置して、さらに美観を際立たせた墓所に仕上げています。霊園施設が公営か民営かでも違ってきますが、そういった合祀形式の墓所は個別の墓所区画に墓石を建てる従来タイプより遥かにリーズナブルなことからも、人気を高めています。

広い敷地を生かしたバリアフリー化

登り坂の多い丘陵地に設けられている墓所区画の場合、高齢となって足腰が弱くなってしまうと、墓参に困難が生じてしまいます。公共交通機関でのアクセスが不便なエリアにある墓所に至っては、マイカーでなければ出向くこと自体難しくなることから、そういった地にある墓所を墓じまいして、都心部にも増えて来た都市型納骨堂に改葬するケースも出てきました。都市型納骨堂はさまざまな面で便利ではあるものの、自然豊かな墓所にこだわる人にとっては味気無さがあり、かえって郊外の墓所への憧れを強める傾向も見られます。多摩エリアでは、広大な敷地を生かしてバリアフリー対応の施設へのリニューアルを進めている霊園も多く、東京周辺にこだわった景観の良い地での墓所を求める人々の憧れを、いっそう集めるようになっています。