東京都多摩市での霊園に掛かる費用

東京都多摩市にある霊園では、都心部にある施設で掛かる費用よりも、かなり安価に抑えられる点が魅力となっています。一般的に、都心周辺の便利な場所にある施設を都市型、多摩市を含めて東京都西部など、自然環境に恵まれたエリアにある施設を郊外型と分類していますが、1平方メートルあたりの墓地使用料を比較することで、郊外型がいかにリーズナブルかがわかります。都市型では施設の立地や規模にもよりますが、低めのほうで約150万円、高価格帯では220万円ほどとなっています。郊外型では、低価格帯で32万円ほどから、上は60万円ほどとなっており、かなりの違いがあることがわかります。郊外型は、環境の良さはあってもアクセス面で今一つと言われますが、多摩市においては駅から近い施設もあり、便利さも兼ね備えています。

意外に重要な年間でかかる管理費用

都心部に近い便利なエリアに墓所を持ちたいと願う人は多く、公営霊園の公募には毎回応募が殺到して、競争率の高い抽選となっています。東京エリアでは、墓地区画を購入して墓石を建てるまでにかかる費用が、平均的に約260万円から300万円ほどかかると言われていますので、民営の施設になると、さらに費用が掛かることが考えられます。加えて、都市型霊園は管理費用も高額となっており、下は1万2千円ほどから、上は3万円というところもあります。郊外型では、民営の場合はサービス内容にもよりますが、下は4千円ほどから上は1万円ほどとされています。郊外型で特徴的な、バリアフリー対応など園内の整備の良さなどを考えると、費用に見合ったサービス以上のメリットが感じられることも魅力となっています。

墓参の回数なども考慮しながら検討

都市型の最大のメリットであるアクセスの良さも、年間を通して頻繁に墓参に通うかどうかで、その便利さの重要度が変わってきます。毎年のお盆と春と秋のお彼岸、故人の命日など、毎月通うのでなければ、一般的には年間4回ほどとなります。その墓参回数で都心部の施設に高額な建墓費用と管理費を支払うのか、アクセスにやや時間がかかっても環境が良く整備の行き届いた郊外型の施設を選ぶのかといったように、考慮するポイントが変わってきます。東京の西部エリアにおいても、比較的交通アクセスの良い多摩市にある霊園の場合、郊外型のデメリットである不便さはあまり見られないことから、選択肢の上位に考えている人が多くなっています。従来型の墓所よりはるかにリーズナブルな樹木葬区画が増えてきていることからも、人気をさらに高めています。